子供さんに将棋を教える事について

最近は藤井四段の影響で子供教室に来るお子さんも増えてるとチラホラ聞きます。
私も他の支部の知り合いの方からお手伝いお願いされる事もあります。
なかなか人数が多いと教える方の負担も大きいので大変です。

さて、どういった方が教えるのに適してるか技術的な事は分からないですが、根本的には子供さんに教えたり接する事が好きな方が必須かと。
当たり前の事ですが、好きじゃないと普通は出来ないので。

私の周りにも普段は温厚で物腰柔らかい方でも教えるのは苦手なり苦痛という方も居ますし、普通は自分からお子さんとかに教えたりする方は非常に少ないかなと。
現支部で気兼ねなくやってるのは私くらいかなと思います。
逆に苦手な方が付き合いで頼まれたりしてやってると、何となく変な波長がお子さんにも伝わって逆効果の面もあります。

私のお子さんに接するスタンスですが、常に目線を合わせる感じです(気持ち的な目線)。
技術的な物はある事に越した事はないですが、なかなか初心者の子だとすぐには伝わらないので表情や雰囲気を察して言葉ややり方を選んでます。
たまに技術的な事を熱心に教える方が居ますが、キョトンとしてる子も居るので、そのいうのが察しれない方は指導は向いてないような。

自分の場合は局面は見ないですが、表情や雰囲気ばかりを見てる感じです。
子供さんも意外と大人に気を使って、教えてくれた事を分かったふりもしてくれるので、そこら辺も大人が察してあげないと難しいかも。
後は、こちらから和やかな雰囲気で接してあげてる程度です。
教えるというよりは見守るスタンスかな。
私の場合は以前に少し勉強した心理カウンセリングの内容が多少活きてるかなと。

要は教えたり接してあげるのが好きな方が指導すれば変な感じにはならないし、逆に苦手な方がやるとぎこちなくなる感じです。
まっ、普通はやりたがる方は居ないので限られた方になって来ますが。

今はネットや将棋ソフトの発達で初心者の子供さんでも自宅で覚えたりも出来るので、そういうのも有効活用出来れば取っ掛かりやすいかと思います。

棋匠会支部については毎週日曜日に南栄将棋クラブで練習会をやってます。
完全フリー対局の場なので、棋力関係なく参加や見学は自由なので気軽にお越しください。



棋遊太
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:kishoukai
愛知県豊橋市を中心に活動する将棋のサークルです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR