結果を出すには努力だけ

レーティング大会を運営する事やその他、参加する皆さんを見たりしますが当然負ければ悔しがるし、何で勝てないのかあとぼやく方も居ます。

まあはっきり言えば負けるのは弱いだけで、基本的に一切言い訳は聞かないですが、まあ運営上少しは聞いてあげたり、レーティング大会は感想戦も長めに取ってるので検討に入ったりします。

時々、思うのは敗因の手を探る感想戦もいいですが、悪手を指した時の心理状態や何故毎回同じ失敗をするのとか根本的な事を探るのも大事かなと思います。

強くなるには長所を持ちつつ弱点を克服するしかないですが、皆さん強くなりたいと言う割には何にもしないなあという印象は受けます。
まあ毎回同じ負け方をして、毎回同じ悔しがり方をしてただ指してるだけになるだけの様な。

強い方は圧倒的に勉強量や熱意が違うので、環境が整っている現在では差が開いて行く一方かと。
ようは単純でやるかやらないかだけの差かと思います。

私自身ははっきり強くなるのは諦めたので、今は支部の運営をしながら皆さんで楽しんでます。
なので、負けても言い訳もしないし、負けるのはただトータルで弱いだけだと自覚してます。
ただ若い頃はかなり指し込んだので田舎で20代半ばで始めた割にはまあまあ進歩はしたかと思います。

将棋に限らずスポーツや何事も結果を出すには、圧倒的努力だけなので、言い訳が多い方や不満が多い方はちゃんとした方(メンター)のアドバイスを聞いてその通りにすぐやれば、自然と結果は出るかと。
まあ結局やらない方が多いですが。

行動あるのみです。



棋遊太


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:kishoukai
愛知県豊橋市を中心に活動する将棋のサークルです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR