第42回棋匠会「R」大会 開催報告

sakuhideです。
今回は17名と若干少なめでしたが、子供が多く賑やかな大会となりました。
いつも来てくれている方が、何人か用事があって参加できなかったのが残念です。

第42回棋匠会「R」大会
日時:2月19日(日)10:00~
会場:アイプラザ307号室
結果
A級
1位:吉井和輝さん
2位:渡邊俊幸さん
B級
1位:若原達也さん
2位:白井亮太郎さん

【コメント】
A級は吉井さんが初優勝を成し遂げました。おめでとう。
既に東京の企業への就職が決まっており、上京前最後の大会となるかもしれない
この大会で優勝できて、本当によかったですね。
2位は前回に続いて渡邊さんでした。
技科大がワンツー・フィニッシュを決めました。こちらもおめでとう。
B級は若原さんが全勝優勝。子供相手の対戦も多い中、実力を見せてくれました。
2位の白井君は小学生です。最近子供の活躍が目覚ましいですね。
今回は全体を通して全敗者がいませんでした。
実力の離れた対戦もある中、勝つのが厳しいかと思われた対局で勝利を挙げた方や、
3連敗でも最後まであきらめずに戦い、1勝を挙げた方もいて、よく頑張った結果だと思います。

また、個人的には久しぶりに3勝1敗で大会を終えることができました。
ここ1年、特に棋匠会「R」大会では成績低迷が続き、勝ち越しはおろか指しわけすら1回だけという
体たらくで、全敗も2回あったと思います。
原因の一端は練習不足にあると思いますが、気持ちの問題も大きかったのかもしれません。
負けが込むことで自信を失い、実力が出せなくなり、将棋へのモチベーションが低下して
練習しなくなってさらに負けが込むという悪循環に陥っていたのだと思います。
一度悪い流れにはまると抜け出すのは簡単ではありませんが、自分の場合、結果を過度に気にする
傾向があったので、ここ半年くらいは将棋へのモチベーションを高めることを最優先に考えて将棋に接してきました。
(仕事、プライベート等々忙しく、将棋に接する時間を作るのは容易ではありませんでしたが)
その甲斐があったのかどうかはわかりませんが、最近は連敗中の相手に勝利したり、
強豪相手にも勝てはしなくても善戦できるようになるなど、一時期よりは流れが良くなってきたように思うので
その流れを大事にして、また将棋を頑張っていきたいと思います。

少し堅苦しい話になってしまいましたが、将棋を指している人なら誰でも一度はそのような経験が
あると思うので、参考に(?)なれば幸いです。

逆に、強くなっている人(特に子供たち)は、勝てるようになる→自信がついて実力が出し切れるようになる
→将棋が楽しくなって、ますます練習するようになる→ますます勝てるようになる
先ほどとは正反対の流れで、まさしく「正のスパイラル」でドンドン強くなるのだと思います。
なので、伸び盛りの方たちは、その良い流れを大事にしていってもらいたいと思います。

いずれにしても、強くなるためには「モチベーションの維持、向上」が不可欠だと身をもって感じたので、
普段の練習や大会でも、良い雰囲気づくりを心掛けていきたいです。

次回は3/19(日)です。
宜しくお願いします。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:kishoukai
愛知県豊橋市を中心に活動する将棋のサークルです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR