東愛知新聞に棋譜掲載について

先日お伝えした通り豊橋アマレン大会の好局をピックアップして掲載するかもとお伝えしました。
新聞社の方に棋譜に解説付けてお渡ししましたら、早くて2月中旬から下旬に載せて頂けるとの事です。
豊橋アマレン大会は東三河の方や近辺の強豪の方が結構集まりますので、レベルの高い将棋を皆様に見て貰いたい気持ちもあります。

今回、誰の対決を載せるかは見て頂くまでのお楽しみとして、棋譜採りから載せるまでの過程を書かせて頂きます。
色々手間取りましたので、ご意見ありましたらコメント欄にでも書いてください。

①1月17(日)アマレン大会当日
開会式で何名かの棋譜をとりますよと報告。
運営の方と対局が空いてる方で4局をとりました。



②4局中の熱戦をピックアップ。
なるべく地元の方の対局を選びました(2局)。



③2局の棋譜を豊橋技術科学大学まで持って行き、将棋部の方と検討し解説の下地を作成。
3時間位掛かったかなあ。
とりあえず将棋部のS君に解説のまとめをお願いしました(バイト代を払って)。



④後日、棋譜を取りに技科大まで行き、棋譜解説のまとめを確認。
さすが技科大生、かなりしっかりまとめてくれました(訳あって2局の棋譜うち1局だけまとめお願いしました)。




⑤更に後日、将棋がしっかりしているI瀬君の自宅まで行き棋譜の再確認をお願いしました。
所々、解説の修正点を頂きました。
ああだこうだやってるうち3時間掛かりました。
ついでにもう1局分のまとめをお願いして後日取りに行きましたが技科大生に負けず劣らずのまとめっぷり。皆さん優秀だなあと感心(^-^)



⑥2局まとめて頂きましたが、事情がありどちらを優先的に載せて貰うか迷いました。
で、幹事長のW原さんと喫茶店で話してどちらか決めました。
その後、豊橋アマレン統括のsakuhideさんに報告。



⑦まとめた物に私が多少注釈を付け、2日後に新聞社の方と喫茶店でお会いし、棋譜と解説をお渡ししました。
どのような形で載せるかとか多少技術的な話も出ましたが、スムーズに話は終わりました。



⑧現時点ではここまで進みましたが、後は新聞社の方から載せる前の下書きをパソコンで送ってくれるので何名かでチェックして問題無ければ、掲載になるかと。

棋譜については今回に限らず今後載せるのも新聞社の方は前向きでしたので、棋譜は採っていきたいと思いますが、棋譜とりからお渡しするまで手間が掛かると負担が大きいので、この手順を見て何かご意見ありましたらよろしくお願いします。

また掲載日分かりましたらご報告させて頂きます。
棋譜は何日かに渡って載せて頂けるみたいです。


棋遊太
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Author:kishoukai
愛知県豊橋市を中心に活動する将棋のサークルです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR