2016年を振り返って

sakuhideです。
2016年も残すところあと9時間を切ってきました。
そろそろ今年のまとめを書こうと思います。
(できるだけ簡潔に書きます)

支部について、重要なことはほとんど棋遊太さんが書いてくださったので、
私からはあまり書くことがないですが、総じて楽しくやれたので良かったと思います。
特筆すべきは将棋フェスティバルで活躍できたことですね。
A級3位、B級優勝という結果は誇らしく思います。
私も微力ではありますが優勝に貢献できたと思うので良かったです。

レーティング大会については、とうとう40回という大台に乗せることができました。
参加人数も着実に増えてきて、ある程度の規模に育ってきました。
大会に参加してくださる方や、運営を手伝ってくださる方など、多くの方々の協力あっての大会なので
ここまで大会を育ててくれた方々に感謝したいと思います。

技科大の方々とは今年も楽しく活動させていただきました。
大会運営や棋譜採りなど、忙しい中協力いただきありがとうございました。
それから、秋季団体戦のB級優勝、あらためておめでとう。
私は応援に行っていましたが、優勝が決まった時は自分のことのようにうれしかったです。
(ただ、あの時の不用意な発言は申し訳なかったです。この場を借りてお詫びします)

最後に一言。
最近思うようになったことは、(結果を追い求める以前に)将棋が楽しいと思えることが一番大事だということです。
将棋が楽しいと思えることによって、モチベーションが上がり、より熱心に将棋に取り組むようになって、
そのことが大会の結果にもつながってくると思うので。
自分自身にもことあるごとに言い聞かせるようにしていますが、
支部の活動も、参加してくださる方が楽しんでくれること、
参加者のモチベーションを高めていくことを何より大事にしていけたらなと。
自分も大会を運営する側の人間なので、その点は忘れないようにしていきたいです。

来年もよろしくお願いします。
皆さんよいお年を。





スポンサーサイト

ポイント獲得状況

sakuhideです。
遅くなりましたが、ポイントの獲得状況を報告します。

20ポイント
鈴木信久さん

15ポイント
赤川文夫さん
中嶋郁さん

14ポイント
青木一さん
柴田英幸さん
遠山明さん
若原達也さん

13ポイント
小山竜之介さん
後藤諒大さん

鈴木信久さんが20ポイントに達したため、賞品を獲得されました。
20ポイントの賞品は、商品券1000円分で確定とします。
30ポイントの賞品は商品券1500円分で考えてますが、
同等の価格帯で良さそうなものがあればそちらにするかもしれません。

また、中学生の小山君と小学生の後藤君は一気に上位に躍り出ました。
前回の大会でレーティング上位者に勝利し、多くのポイントを獲得したためです。
このように、ポイント制はA級の強豪だけでなくすべての参加者に楽しみがある制度なので
モチベーションを上げる材料として活用していただけたらと思います。

今年も終わりになりました。

2016年も後僅かになりましまた。
支部としても色々な事をやった年だったと思います。

初めてやった事は、支部会員で東京遠征、大会棋譜の東日新聞掲載、将棋フェスティバル団体戦参加(A級3位、B級優勝)、女性交えての交流会などです。
後はレーティング大会の名前を棋匠会「R」に変えました。

東京遠征については来年はまだ未定です。
棋譜掲載については来年も引き続き載せて頂く予定ですが、纏める方も同じ人なので手伝ってくれる方が居たらお願いします。

交流会については皆さんインパクトあったみたいです。
普通、将棋の支部でやらないですからねえ(笑)。
早速、1月7日(土)にも4対4でやりますが、支部会員男性の参加者が居れば来年も引き続き月1でやりたいと思います。

レーティング大会や定期練習会、指導対局は今まで通りやって行きますのでご都合良ければご参加よろしくお願いします。

練習会については後程どうするかはご報告します。

こんな感じで来年も将棋を頑張りながら楽しくやって行きたいと思いますので皆さんのご参加お待ちしております。

とりあえず来年2月5日(日)の支部対抗戦に向けて頑張ります。



棋遊太

12月将棋大会報告

sakuhideです。
今年最後の大会は竹内先生を交えて賑やかに執り行うことができました。
大会参加者は19名で、県外や名古屋市からの参加者もいました。
その中には、竹内先生に会いたいということで、遙々岐阜県から来てくれた小学生の子もいました。
大会の合間や大会後には指導対局も行われ、多くの方が指導を受けていました。
竹内先生にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

第40回棋匠会「R」大会
日時:12月25日(日)10:00~
会場:アイプラザ205,206号室
結果
A級
1位:柴田英幸さん
2位:小池聖也さん
B級
1位:小山竜之介さん
2位:紀平倖佑さん

【コメント】
A級の柴田さんは、一時成績が伸び悩んだ時期がありましたが、
このところ再び安定した成績を挙げており、実力を見せつけています。
2位には初参加の小池さんが入りました。大学生なのでまだまだ伸びると思います。
B級は小中学生が活躍しました。
優勝の小山君は中学2年生で初優勝。大人に交じっての優勝は自信になったでしょう。
2位の紀平君は、冒頭で紹介した岐阜県の小学生です。
小学3年でレーティングが1500点近くあるということなので、将来有望だと思います。

今年の大会も無事終了しました。
皆さんに支えられて今年も大会を続けることができ、大変感謝しています。

次回は1/22(日)です。
来年も棋匠会「R」大会を宜しくお願いします。

来年早々交流会やります!

来年1月7日(土)に交流会やります。
4対4のセッティングで豊橋でやります。
支部の方中心にお誘いしてますが、女性の年齢も加味した上で年齢の近い方の男性をこちらでピックアップしてお誘いしようかと思います。

ご連絡した方には詳しい詳細をお伝えしますのでご参加検討ください。

地元にも街コンなどはありますが、将棋サークルでの交流会だと安心感もあるかと思います。
なかなか将棋大会だと異性と関わる事は殆どないかと思いますので、こういう機会に和きあいあい楽しめたらと。
連絡先交換も自由なのでそこから先は各自にお任せします。

参加費が掛かりますが、大学生の方は半額は支部で補助しますのでご都合良ければご参加ください。
一般の方は全額負担でお願いします。

12月24日にも交流会あり、私も参加しますがやっぱりモチベーションがあがります(笑)



棋遊太

来年からの棋匠会「R」大会について

今年もレーティング大会ご参加ありがとうございました。
12月25日(日)が今年は最後です。

さて来年2月からはレーティング大会を毎月第4日曜日から第3日曜日に移行します。
※1月は第4日曜日です。
他の地元の支部との兼ね合いで第4が重なるかもしれないので移行を決めました。
もともとは第3日曜日にやる事も以前から考えてましたので丁度いい機会かなと思います。

各支部の催しがバラければ重ならないという事もあるし、相乗効果で新規の方が流れて来てくれるのでいいかなと。
ただ現状だと対局時計の数や運営の方の関係で26名位までが受け入れられそうな人数です。
(現状は平均20名位の参加)

レーティング大会についてはローカルな大会というよりは練習会の意味合いが強いので、引き続きレーティング大会の醍醐味を分かってくれる方に来て頂けたらと思います。
(参加者もコアな方が多いかなと)

レーティング大会については30分の持ち時間切れても30秒の秒読みがついているのでしっかり考えられます。
特にA級の方は感想戦がかなり長いので4対局終わると少しぐったりです。

棋匠会「R」大会については優勝とか大会そのものが目的というよりは先程言った通り練習会の要素が強いので、長い持ち時間で戦ってしっかり読みを入れて指して貰えればと思います。

レーティング大会の点数は全国共通の点数なので、ある程度点数も意識しながらやると、なげやりな対局もなくなる様な気もします。

支部としては主に団体戦を重視してるので、レーティング大会や練習会、各個人の研究会などで頑張って、活かして欲しいなあと思います。

で、尚且つ県外の遠征や交流会など楽しくやって行きたいです。



棋遊太

12月将棋大会&竹内先生指導対局のご案内

sakuhideです。
今年最後の将棋大会です。

大会名:第40回棋匠会「R」大会&竹内先生指導対局
日時:2016年12月25日(日)10:00~
場所:アイプラザ(最寄駅:豊橋鉄道渥美線「南栄」駅下車徒歩10分ほど)
試合形式:スイス式トーナメント4対局
       指導棋士の竹内貴浩先生に審判として来ていただきます。
       希望者がいれば指導対局も行う予定です。
参加費:高校生以上:アマレン会員1000円、一般1200円
    中学生以下:アマレン会員500円、一般700円
入賞:成績上位者に商品券
連絡先:櫻井(090-1562-7918)

大会終了後は自由対局とします。
宜しくお願いします。

棋匠会「R」大会 ポイント獲得状況

sakuhideです。
遅くなりましたが、現在のポイント獲得状況をお知らせします。

17ポイント
鈴木信久さん

14ポイント
青木一さん

13ポイント
赤川文夫さん
若原達也さん

12ポイント
遠山明さん
中嶋郁さん
山本圭徳さん

10ポイント
柴田英幸さん

17ポイント獲得の鈴木信久さんがトップです。
20ポイント到達で賞品が貰えますので、あと少しです。

棋力に関係なく、参加回数の多い方が上位を占める傾向になっています。
裏を返せば、沢山参加すればそれだけポイントを獲得する機会も増えるということです。
自身のモチベーションを高める手段として、ポイント制を活用していただけたら幸いです。


指導対局ご参加ありがとうございました

12月10日(土)に豊橋技術科学大学で杉本昌隆七段をお招きして指導対局&練習会を行いました。

将棋部の方、支部の方、子供さんやご父兄を含め20人位の方にご参加頂きました。
うち13名の方が指導を受けました。
先生が到着後、学校の食堂で先生交え皆さんでご飯を食べました。
13時から指導対局でしたが丁寧なご指導と感想戦で何か得るものがあったかと思います。



17時まで指導対局をやり後は残った方で練習会でした。
子供さんもブログをみて沢山来てくれたので将棋部の学生が指導してくれました。
次の日が佐鳴杯の子供名人戦豊橋大会だったので数多く指してました。




練習会については定期的にやりたいと思います。
技科大含め学校で出来れば集まりやすいと思いますので、どこか地元の高校などで場所が借りれたらなあと。
こちらからアプローチするかもしれませんが、どこか場所を提供して頂ける学校がありましたらご連絡よろしくお願い致します。

(メアド)hz_mz_1975@ezweb.ne.jp まで、

指導対局についても先生のご都合が合えば行いますのでまたのご参加お待ちしてます。




棋遊太

学ぶという事について

最近、交流会などフランクな事を書いてましたのでたまには真面目な事も書こうかなと思います。

題名の学ぶという事ですが、私自身は教育者ではないので偉そうな事は言えませんが偉そうに書きます(笑)

子供さんもある年齢まで行くと学校から塾まで忙しく、尚且つその他色々とあり私も将棋の催しに誘うのも少し気を使います。

子供の頃の勉強は教えてくれた事をインプットして記憶した事を元に考えながら答案する事が基本かと思います。
私も子供の頃は徹底的に勉強するのは大事かと思います。
やはり基礎がないと大人になってからも苦労するかと。
学校の勉強自体が社会生活で直接役立つのは少ないですが、物事を理解する力は付くので。

将棋においてもそうで、定跡書(国語、社会)や詰め将棋(数学)、実戦(理科実験)を総合的にやりながら力をつけて行くのは似てる所はあるかとと思います。
勿論、得意不得意はありますが。

で、今の力を試す機会として大会があるので試して貰うだけです。
将棋の場合はインプットした事がアウトプットする機会が頻繁にあるのがいい所です。
学校だとテストがアウトプットですが、大会の方がスリルはあるかなあと。

なのである年齢まで行ってインプットが目的で勉強をし続けるのはどうかなあという気もします。
インプットした分、倍以上のアウトプット(行動)が社会人になると必要なので、考えながら動く位が丁度いいかなと。

社会人になると動いて失敗するとリスクもありますが(失敗については以外と皆さん寛大)、将棋については失敗して負けてもリスクは何もないので、若いうちはドンドン負けて強くなって欲しいなあと思います。
逆に全てに置いてチャレンジしない方は評価されなく居場所がなくなる時代になるかなと。
(チャレンジしない事がリスク)

ただ、学ぶ事は大事ですが学歴については個人的には興味はないです。
興味あるのは学んだ事を行動した結果だけです。

以上、偉そうに書きましたのでご意見ある方は12月のアマレン大会の時に将棋の横で戦いましょう(笑)



棋遊太

12月の交流会日程

12月も交流会やりますが24日です。
17日もやる予定でしたが先方の都合により無しになりました。
クリスマスなのでいい出会いになればと思います。

場合により12月に別の交流会が入るかもしれませんが、その時はご報告します。

交流会についてはそこそこ反響があり、支部の方以外にも参加したいとか、前はどうだったのとか何人かに色々聞かれました。
やはり皆さん参加はともかく興味はあるみたいで

参加したいと言ってくれた20代後半の方は、将棋だけだと寂しいので異性と関わりたいので是非という事でしたが、基本支部の方で…。
なかなか将棋の世界だけだと女性とはご縁が殆どないのは確かです。

私は以前、水商売の仕事をやっていたのもあり積極的なタイプですが、この世界は珍しいかなと。
ていうか積極的な方が周りに居ないのでそういった話が出来るのがティーラーさんしか…。

ティーラーさん曰く、女性と接点(お付き合い)がないと人の気持ちが分からないと格言(笑)を頂きましたので(-_-)
ちなみに私の的には男は稼いでナンボかな(偉そう?)

皆さんには仕事(学業)も頑張り、プライベート楽しみながら将棋を指してくれたら、より充実するかなと思います。

それにしても棋匠会のブログにこんな事を書くとは以前までは全然思ってなかったです(笑)。
ちなみに交流会は毎月やる方向です。

勿論、将棋も支部対抗戦に向け引き続きモチベーション上げてやって行きますのでよろしくです。



棋遊太



来年の支部対抗戦に向けて

今年も後1ヶ月を切りました。
来年2月辺りには支部対抗戦があります。
棋匠会支部も毎年参加してますが、今年も3チーム位参加したいと思います。

愛知の支部対抗戦はレベルが高いですが、支部の強い方を集めれば戦える戦力はあるかなと。

メンバーはまだ編成中ですが、1チームは決まりそうです(3人1チーム)
(全員地元在住の元研修会のメンバーです)

小学生の強い子も参加させたいと思います。
(東三河で1番強い小学生かと)

後は技科大生や一般の大人の方を入れれば3チームは決まりそうです。
なるべく強さだけよりも気の合うメンバーで参加して欲しいと思いますので、メンバー編成は各自にお任せしようかなと。

ちなみに私は補欠でメンバー足りないチームがあれば参加します。

てな感じで愛知県予選頑張りますので応援よろしくお願いします。



棋遊太

技科大将棋部B級優勝おめでとう。

先日、技科大将棋部チームが中部学生団体戦B級で優勝しました。
メンバーの中心は支部会員の方やアマレン大会参加者の方も居ましたので、その日に祝勝会にかけつけました。

宴会の雰囲気で将棋も指して、あっという間に遅い時間になりました。

次からはA級なのでメンバー揃えて頑張って欲しいです。
将棋部の活動はもとより、支部としても携わってくれる方には強くなって頑張ってくれたらと思いますので練習会など機会を設けたいです。






やっぱり団体戦はいいので、来年の支部対抗戦含めメンバー揃えて頑張って行きます。



棋遊太

12月も交流会やります。

11月に支部企画で交流会やりましたが、12月もやります。

12月は24日(土)にやります。
女性についてはおおよそはアポ取れてますので、参加したい方はまだ空きがありますのでご連絡ください(4対4位)。

11月は居酒屋でやりましたが、なかなか将棋サークルとは少しいいづらかった感がありました。

将棋中心にサークルをやってるとなかなか異性と接する機会もないので、特に支部関係の方には参加して欲しいなあと思いますが。

棋匠会については皆さん意欲的ですが、仕事や学業やプライベートを充実した上で将棋も楽しんでくれるのがいいかなと。

私も将棋関係にどっぷり浸かっていた時間がありましたので、何かしら犠牲にした感もありますが歳相応に仕事(稼ぎたい)やプライベートも充実させたいなあと思う今日この頃です。

交流会については意外と反響大きかったので、引き続き毎月やって行きたいと思います。



棋遊太

プロフィール

Author:kishoukai
愛知県豊橋市を中心に活動する将棋のサークルです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR