2015年を終えるにあたって the 棋遊太

今年も終わりになりましたが、改めて支部やアマレン大会に関わって頂いた方にはありがとうございました。

今年一年を振り返ってですが、支部としてはかなり幅が広がった年でした。
アマレン大会、指導対局、交流会、その他やりましたが、それよりも意欲的方が周りに集まってくれた印象があります。

支部会員の方、アマレン大会の参加者の方、技科大将棋部の方や外部の会の方など皆さんと楽しく出来ました。
改めて“愛知棋匠会支部”を立ち上げて良かったなあと思います。
後は地道に活動をしていけば、類は類を呼ぶという様に自然と意欲のある方が携わってくれるかと思います。

sakuhideさんが2015年の振り返りや来年の目標を書いてくれましたが、私自身は来年も“明るく楽しく前向き”でやって行きたいなあと。
強くなりたい方や気軽に楽しみたい方や人それぞれなのですが場の雰囲気が良くないと参加される方も来づらいかもしれないので、そこは意識してやって行きたいなあと。
参加する方あっての活動なので。

来年については個人戦な目標は2月の支部対抗団体戦で結果を出す事ですが、県大会については少し控えるかもしれません。
支部の方の人財には誇れるものがあるので、次は外部の方と関わって馴染ませたいなあと思います
浜松の相曾会とは3月に交流戦をやりますが、名古屋近辺の会とも何かご縁があればとも。

特に支部の形をこれだという物に決めるつもりはありませんが、その中にも自分の思いを支部を使って有意義にやってくれたらと思います。
支部では会議とかはやってなく、ノリで何をやるかは決めてますので。

何にしても周りの方に恵まれていて有意義に過ごせてるので、来年もそうありたいです。

では皆さま良いお年を。


棋遊太
スポンサーサイト

2015年を終えるにあたって

sakuhideです。
まずは、豊橋将棋大会を第28回大会まで無事に続けてこられたことに、感謝の意を表します。
一時は参加人数が伸び悩み、10名を超えるのがやっとという時期もあり、
主催者としても不安を感じていたこともありましたが、いろいろな方々の協力により、
少しずつ参加人数が増えてきて、今年の後半はコンスタントに15名以上集まるようになりました。
(12月は年末で多忙な時期ということもあり、参加者が大幅減となってしまいましたが)
特に、運営のサポートをお願いしている技科大将棋部の方々には大変お世話になりました。
彼らの協力なしには、人数が増えることも、大会が円滑に運営できることもなかったと思います。

次に、愛知棋匠会支部についてですが、こちらも技科大将棋部の方々と協力して、さまざまなイベントを開催するようになり、
活気が出てきたと思います。何より、熱意のある方々と切磋琢磨しあう場ができたことは素晴らしいことだと思います。
せっかく集まって将棋を指す場ができたのだから、どうせなら何か目標を持ち、それに向かって活動していきたいというのが僕の思いです。
その目標が何であるかは人それぞれあると思いますが、僕の目標は、簡潔にいうと(かなり抽象的で大雑把な言い方になりますが) 「大会で結果を出すこと」です。
来年2月には支部対抗戦があります。愛知県はレベルが高いので云々、というのはよく聞かれる話だと思います。
しかし、だからと言って諦めてしまうのは非常に勿体ないことだと思います。もちろん今すぐ結果を出すというのはなかなか難しいところもあるとは思いますが、熱意をもって地道に活動を続けていき、いずれは愛知棋匠会支部として誇れる結果を残したい、という思いがあります。
現に、去年はレベルの高い愛知県大会でベスト8まで勝ち上がり、準々決勝でも惜しいところまでいきましたし、今年のメンバーは2チームとも去年と同等かそれ以上だと思っていますので、去年を超える結果を出すことも不可能ではないと思います。
来年は「大会で結果を出す」を今年以上に意識して活動していきたいと思っていますが、一つだけ具体的な提言をすると、

ある程度の持ち時間で真剣に指し、感想戦をじっくりやる場を増やしたい。

学生のころは自分も将棋部に所属していましたが、感想戦でみんなで一つの局面を検討しあう中で、いろいろなことを学ぶことができたと思っています。対局している両者だけでなく、検討に加わった人たちはみんな同じ時間と学びを共有し、それが個々の棋力向上に役立っていたんだなと思います。
将棋に対する思いは人それぞれなので、強制することはできませんし、まして自分の思いを人に押し付けることなど以ての外ですが、せっかく熱意のある方々が集まってきてくれているので、どうせなら強くなることを目指して活動したいではありませんか。

最後に私個人の振り返りですが、今年前半は将棋以外のことに注力していたので、じっくり将棋に取り組める時間を持つことが出来ませんでした。秋ぐらいから将棋を指せる時間が増えてきたものの、やはり練習不足は否めず、豊橋将棋大会でこそコンスタントに勝ち星を挙げていたものの、県レベルの大会では強豪相手に力負けの連続となってしまいました。
将棋で結果を出すということに限って言えば、今年一年は寂しい結果に終わってしまったので、来年こそは「結果を出す」をより意識して、将棋に取り組んでいきたいと思います。

以上、長々と書きましたが、最後に一言。

2016年も、愛知棋匠会支部を、豊橋将棋大会を、そしてsakuhideをよろしくお願いします。


第28回豊橋将棋大会 開催報告

sakuhideです。
2015年の豊橋将棋大会も、無事終了しました。
今年最後の将棋大会は、11名の方が参加されました。
途中でゲストの方が参加し(←自分で言うか!)、最終的に12名になりました。
年末で忙しい中、参加してくださりありがとうございました。

第28回豊橋将棋大会
日時:12月27日(日)10:00~
会場:アイプラザ302,304号室
結果(今回は人数が少なかったため、クラス分け無しで行いました)
1位:柴田英幸さん(今年7回目!)
2位:前田博さん
3位:若原達也さん
4位:遠山明さん

私は運営係だったので、午前中は運営に専念して、午後から参戦しました。
結果は2戦2勝でした。柴田さんに勝てたのが嬉しかったです。
玉が薄く勝ちにくい将棋でしたが、勝ちきれたのは自信になりました。

今回の参加者は12名で、前回の18名から大きく減少しました。
このところ参加者が増加傾向にありましたが、年末ということで、用事のある方も多かったかと。
ただ、リピーターの方の数は着実に増えてきています。
昨年までは参加者が一桁になることもありましたが、今年はすべての大会で10名以上の方に参加していただけました。
今後も、より多くの方に参加していただけるよう、主催者として努力していきたいと思います。

次回は1/17に開催します。
2016年も、豊橋将棋大会をよろしくお願いします。

愛知棋匠会支部対抗戦チーム決め結果

12月20日に支部対抗戦のA.Bチーム決めをやりました
結果は

Aチーム Bチーム
大将 sakuhideさん × ー ○ 大将 岩瀬君
副将 渡邉君 ○ ー × 副将 棋遊太
先鋒 げんき君 ○ ー × 先鋒 吉井君

という事でsakuhideさんチームの2勝1敗でAチームはsakuhideさんチーム。
Bチームは岩瀬君チームになりました。
私は序盤で見損じがあり早々に負けました。
言い訳もしっかり考えていて、連日の夜勤勤務での寝不足という事で大将許して(-_-;)

本番は来年2月7日(日)の名古屋港湾会館での支部対抗戦なので、愛知県代表目指して頑張ります。

場所はともいき教室でやりましたが、皆さん見学含め、自由対局に来て頂いて15名の方が来てくれました。
後は皆さん交えて自由対局で18時まで過ごしました
元奨励会のうちの大将が全部勝ってましたが。

終わった後は若い方6名でラーメン屋さんへ。
当然、気まぐれな催しをした私の奢り(;_;)

皆さんお忙しい中来て頂いてありがとうございました。

12月27日(日)のアマレン大会もご参加よろしくお願いします。


棋遊太


豊橋アマレン大会のレベルは?

豊橋アマレン大会も第1回大会から約2年半過ぎました。
豊橋の大会にしてはA級とかかなりレベルが高くなってきました。
地元の強い方以外にも岡崎や名古屋近辺の方も参加頂いてるおかげかなあと。

統括のsakuhideさんがどういう方針かは詳しくは聞いてないですが、個人的には若い方とか強くなりたい方が、1つの物差しとして測れる場になればなあと思います。

さて豊橋アマレン大会の参加者のレーティングは2000点位の方筆頭に1900点、1800点、1700点位の方がA級です。
点数は日本全国共通で算出方法もアマレンの規定で出しているので、かなり実力に沿ったシステムかと
2000点以上あれば愛知県大会でもそこそこの結果が出ると思います。

豊橋大会のレベルについては、1つの目安としてネット将棋の将棋倶楽部24の点数と比較してみたいと思います。
(町道場だと道場によってバラツキがあるので)
まあネット将棋とリアル将棋を比べるのも比例してるか分からないですが1つの目安として。
だいたいA級の方皆さんネット将棋はやってるので

参考までに1800点から2000点超えの方です。

(アマレン点数1800点台)
私や他にも居ますが、 私は将棋クラブ24で現在四段で指してます。
三段の方も居ますので、だいたい将棋倶楽部24で三、四段クラスかなと。

(アマレン点数1900点台)
3人に聞きましたが皆さん将棋倶楽部24で2300点超えの五段で指してました。
なので豊橋大会で1900点あれば結構強いです。
私も1900点は1つの壁です。

(アマレン点数2000点超え)
2000点超える方はかなり強いですが、正直将棋倶楽部24の点数は殆ど聞いた事はありません。
まあバラツキはあると思いますが。
ちなみに支部会員のM谷君はアマレン点数2000点超えですが、確か24の点数は六段と聞きました。
(最高は2900点みたいで、将棋ウォーズも弾丸8段なので結構早指しは強いです)

あくまでも1つの比較なのでマッチしてるとは限らないですが、豊橋アマレン大会で上の方に行けば東三河地区ではほぼ最強と言ってもいいかなと思います。

なので、自分がどの位強いかを知りたい方は是非参加して奮ってみて下さい。
まだ、これから頑張りたい若い方やお子さんにも上を目指す1つの目標として参加してくれたらいいかなと。
ちなみに参考までに豊橋アマレン大会で2000点超えして、コンスタントに優勝出来れば奨励会に合格出来る力はあると思いますので、いづれはそういう若い方が出ればなあと。
逆にそれくらいは無いと仮に合格しても苦労するかなと思います。


ちなみに先程紹介したM谷君には12月27日の豊橋アマレン大会に出てよと交渉中です。
ご参加よろしくね(^-^)

B級もあるので棋力関係なく多くの方に参加して頂けたら嬉しいです。
いづれは毎月コンスタントに30人以上来られる大会になればなあと。


棋遊太

切磋琢磨出来る将棋道場

2年前まで豊橋には豊橋将棋クラブという所が向山のアピタの近くにありました。
如何にも町道場という感じで、年配の方中心にノンビリした雰囲気でやってた感じです。
(タバコの煙がキツかったですが)

ちなみに私は将棋を本格的に始めたのが遅く26歳の時に初めて将棋クラブに行きました。
当然皆さん、そこそこ指す方が居ましたので、最初は全く勝てなかったです。
そこから実戦や勉強をしてやっと少しは勝てるようになりました。
(平均すると初段前後の方が多かったので、そんなにレベルは高くないですが、月曜日以外は営業日は毎日やってました)

暫く経ってからは仲間にも恵まれて、20代後半から30代前半は結構指してた時期です。
道場と同時に豊橋中央支部がありましたので、仲間と支部対抗団体戦に出て愛知県代表になって大阪に行ったのがいい思い出です。
(何せ将棋が盛んでなく、レベルも愛知県では低いので尚更かなと)

さて現在は色々経て、愛知棋匠会支部を作り、アマレン大会や様々な交流会をやって、色んな人と関わる機会も増え、間違いなく質は上がったはずですが、やはり将棋道場が無くなったのは少し引っ掛かるような感じがあります。
(南栄クラブが出来ましたが平日のみなので)

ちなみにネット将棋は将棋クラブ24でよく指してますが、やはりネットは適当にやってしまう上、感想戦もなく熱くなると無駄に対局数を重ねるだけなので、自分をコントロール出来る方ならお勧めですが逆だと微妙です。

てな事で現在はネットの発達で趣味の多様化や家に居てもネットで色々出来るので、外へ出て将棋道場というのは流行らないとは思いますが(実際、閉鎖してる傾向なので)、将棋を強くなるにはなるべく毎週(毎日でも)実戦を指して感想戦をやるのが大切だと思いますので、そこは基本として忘れないようにしたいかなと。
勿論、クラブの質の良さがあってこそですが。


棋遊太

棋匠会vs相曾会の交流戦をやります!

今週土曜日に浜松の教室に行きました。
相曾会といい元奨励会の方がやっている教室です

土曜日が仕事が多くなかなか行けませんでしたが、久しぶりに伺いました。
子供さんが多く、研修会の強い子も居て、指したら普通に負けました(;_;)

子供さんに限らず大人の方も強い方も居るので、レベルの高い教室かと思います。

折角なので、棋匠会と相曾会の交流戦をやろうかという事になりました。
まだ仮確定ですが、3月13日(日)に豊橋技術科学大学でと思ってます。

豊橋も名古屋とか栄えている所に比べたら将棋のレベル的には全然なので、最寄りの外部の所と交えて底上げ出来たらと。
豊橋アマレン大会も地元の方含め、市外の方も参加して頂きレベルが高くなっているので。
浜松の方もアマレン大会に参加してくれたら更に盛り上がりますが。

交流戦についてはまだ先の話ですがやる事は決まりましたので、詳しい事は後程ご報告します。


棋遊太


支部の師範について

愛知棋匠会支部ですが、竹内先生やプロの先生をお呼びして指導対局を催してます。
今年から支部の師範をプロ棋士の杉本昌隆先生にお願いしました。

杉本先生には前支部からお世話になっており、しがないアマチュアの私にも色々親身になってアドバイス頂きました。
将棋の実力もさる事ながら、お人柄も素晴らしく最も尊敬している先生です。

現役の棋士ながら大変お忙しいので、豊橋にお呼びするのは控えてましたが、来年早々にも師範として指導のお願いをと思ってます。
まだ交渉前で日程は全く決まってませんがその時はご報告致します。

指導対局は基本は竹内先生をと思ってますが、節目で師範の杉本先生などをお呼び出来たらと思います
厳しい勝負の世界な上に、お弟子さん取りまとめや執筆のお仕事など大変かと思いますが、支部や個人的にも末永く応援させて頂きたいと思います

さて杉本先生が執筆した将棋の本が12月15日に発売されるので、ご案内させて頂きます。
表紙は先生から直接送信して頂きましたが、ブログに載せれなかったので、購入して見てください

“速攻!振り飛車の絶対手筋105”
というタイトルで級位者向けかなとの事ですが、有段者の方もご購入してみて下さい。
様々な振り飛車の手筋が載ってますので、これからや今、振り飛車を指す方には為になる本かと。
お値段は1500円位です。
私は精文館で予約して購入予定です。

後、杉本先生署名の免状も支部経由でも購入出来ますので、安い物ではないですが興味のある方は言って下さい。
支部特典割引(3割引き)もあります。

先日、先生に角落ちで教えて頂きましたが、一方的に負かされました。
私も地元では強い方ですが、やはりプロの先生は改めて強いなあと思いましたので、皆さんにもそれを体感して頂けたらと思います。

長くなりましたが、指導対局のご案内した時には勉強のつもりで参加して頂けたら幸いです。


棋遊太



第28回豊橋将棋大会のご案内

sakuhideです。
12月に入り、寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
2015年最後の将棋大会のご案内です。

大会名:第28回豊橋将棋大会
日時:2015年12月27日(日)10:00~
場所:アイプラザ(最寄駅:豊橋鉄道渥美線「南栄」駅下車徒歩10分ほど)
試合形式:スイス式トーナメント4対局
参加費:高校生以上:アマレン会員1000円、一般1200円
    中学生以下:アマレン会員500円、一般700円
入賞:成績上位者に図書カード
その他:昼食は各自
連絡先:櫻井(090-1562-7918)

大会とは別に、自由対局コーナーも設けたいと思いますので、
将棋は指したいけれど、大会はちょっと・・・という方も、足を運んでいただけたらと思います。
大会の見学もご自由にどうぞ。

【2015年年間表彰について】
新しい取り組みです。
2016年1月の大会(1月17日予定)にて、2015年の成績優秀者を表彰します。
賞の対象となる方は、下記の通りです。
・年間最優秀選手賞(年間MVP):2015年に開催された豊橋将棋大会において、
 出席率8割以上の参加者のうち、年間の成績が総合的にみて最も優れている方。
 優勝回数、勝率、勝ち数を総合的に判断して決定します。
・年間勝率1位賞:2015年に開催された豊橋将棋大会において、
 出席率8割以上の参加者のうち、年間の通算勝率が最も高い方。
・年間最多勝利賞:2015年に開催された豊橋将棋大会において、もっとも多くの勝ち数をあげられた方。

今年の途中から参加された方は、残念ながら表彰の対象外となってしまいますが、
翌年以降も年間表彰はやっていきたいと思いますので、来年以降奮って参加していただければと思います。

今年最後の大会です。
年末で忙しい時期ではありますが、
皆様お誘いあわせの上、奮って参加いただきますようお願いします。

改めて支部対抗戦Bチームメンバーです

支部対抗戦Bチームメンバー順番決まりました。

大将 sakuhideさん
副将 渡邉君
先鋒 “げんき君” です。

順番の意図聞いたら何となく勘でと言われましたが、意外と勘が大事かも。

20日のA.Bチーム決めは、私(副将)の相手は決まりましたので対策を考えときます。
相手は振り飛車党なので、どこに飛車を振っても加藤棒銀で行くかも(多分嘘、でも行ったら尊敬されるかなあ)。

観戦自由なので気軽に見学含め、指しに来てください。


棋遊太





プロフィール

Author:kishoukai
愛知県豊橋市を中心に活動する将棋のサークルです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR